期間工の仕事について

投稿者: | 2017年10月24日

地域の求人誌やインターネット上の求人情報サイトには、たくさんの期間工、期間従業員の仕事が掲載されていると思いますが、仕事内容の大半は、「誰でもできる簡単な仕事」です。

そのため、年齢や学歴が不問の求人がほとんどです。しかし、交代勤務(二交代や三交代など)が絶対条件になっていたり、体力が必要とされる場合が多いです。

仕事内容については、自動車を製造している各企業(トヨタ、日産、ホンダなど)の場合、給料面の待遇は良いですが、その分、かなりの体力仕事となっています。

一方、自動車の部品を製造している各企業の場合、扱う製品が小さいため重量物を持つことも少なく、体力が必要でないかもしれませんが、その場での作業(ライン作業も含む)が多いように思います。

ですから、これから、期間工、期間従業員として働く予定の方は、企業のネームバリューや給料面だけで選ばず、「自分の適性や何年ぐらい働きたいのか?また、正社員を目指して働くのか?」などを考えた上で応募をした方が良いでしょう。

会社によっては、正社員の方がやりたくない仕事(きつい仕事や汚い仕事)を期間工、期間従業員の方が請負うことも少なくありませんので、事前に採用担当者の方に確認した方が良いです。

一番、良いのは事前に工場見学をさせてもらうことですが、できないことの方が多く、採用が決まれば、空いている職場へ配属されることの方が多いです。

そのため、体力的に厳しい部署に配属されることもあるかもしれませんが、体に支障(腰痛や膝痛など)が出た場合、すぐに責任者へ報告して対応してもらうようにして下さい。

この辺りは、自己判断になりますが、業務を通じて腰痛や膝痛になって裁判を起こしても会社に勝つことは不可能ですので自分の体は自分で守るようにしなければいけません。