期間工から正社員になれるのか?

投稿者: | 2017年10月24日

期間工、期間従業員の仕事は、多くの会社が2年11ヶ月で退職になります。今後、この制度が変わるかもしれませんが、現時点では、このようなルールになっていますので長く働きたい方は、少し給料が安くても正社員の求人に応募した方が良いです。

しかし、期間工、期間従業員を募集している会社の中でも勤務態度(休まない人)や仕事内容(仕事ができる人)を見て、積極的に正社員へ登用している会社もあります。

正社員登用制度がある会社は、求人情報の枠内に「正社員登用制度あり」と記載されていることが多いですが、自動車会社であれば、トヨタ自動車が有名です。

正社員になると、定年まで働くことができますが、人によっては工場の仕事を何十年もしたいと考えている方は少なくありません。

また、起業や開業の資金のために期間工、期間従業員として短期間(2、3年)だけ働いている方も少なくありません。これは、その人の人生ですので何も言えません。

ただ、サラリーマンとして働くのであれば、中小企業や零細企業で生涯、働くより、大企業の正社員として働く方が生涯年収は大きく異なりますので、仕事のやりがいなどは除いて割り切って考えると後者を選択した方が賢明です。

トヨタ自動車の場合、期間工、期間従業員の求人情報の枠内に正社員に登用された実績が掲載されていますが、全体の何%の方かは推測できませんが、0.1~1%ぐらいの確率だと思います。

このように確率だけで見ると厳しいように思えますが、期間工、期間従業員の全ての方が正社員を目指しているわけではありませんし、正社員に登用される方の多くは30~35歳未満となっています。

詳しくは、応募前に採用担当者に確認するのが一番、良いですが、この辺りは、企業の業績や景気、会社(人事部)の方針なども関係してきますので難しいところです。