期間工の面接対策・志望動機について

投稿者: | 2017年10月24日

期間工、期間従業員になるためには、「応募 → 面接 → 採用」の流れになりますが、応募から採用までに期間は1週間から2週間ぐらいが目安だと思われます。

詳しくは、応募する会社によると思いますが、入寮する場合や会社のワンルームマンションに入る場合、引っ越しの準備や手続きなどもありますので、これらを考えておく必要があります。

応募する会社によって面接内容は異なると思いますが、正社員の面接に比べると比較的、易しい感じだと思います。聞かれる内容は過去の職歴(なぜ、辞めたのか?など)や志望動機がメインになると思います。

これは、どの面接でも同じですが、あまり余計なことは言わない方が賢明です。しかし、志望動機については、きちんと対応した方が良いでしょう。(具体的には、前向きな理由が良いでしょう。)

例えば、「約2年11ヶ月の満了後に起業・開業するために資金を稼ぎたいため、短期間で稼げる御社の期間工、期間従業員の待遇面に惹かれて応募致しました。」などです。

ほかには、「前職がブラック企業(低賃金・サービス残業あり)でしたので、大企業の一員として一生懸命、働きたいです。また、正社員を目指して頑張りたいです。」などでも良いと思います。

悪い例が、「ほかに良い条件の仕事がないからです。」や「生活のためです。」などのありきたりな動機を述べるのは、プラスになることはありませんので、事前にきちんと質問される内容をイメージしておく必要があります。

また、入れ墨やタトゥーをしている方や消費者金融などに借入がある方は不合格になると言われていますので、期間工、期間従業員になりたい方は、入れ墨やタトゥーを消す、消費者金融などに借金は完済しておく必要があります。